半袖でも過ごせる陽気かと思いきや、ダウンを着ようかと迷うような寒い朝があったりと、もはや何を着ても不正解な毎日です笑

それでも足元はブーツがメイン。まだまだエイジングの楽しみは続きます。

そんな今月のエイジングレポートです。

前回のレポートはこちら↓

関連記事

いやぁ暖かくなってきましたね~。 春はふわっと幸せな気分になると同時に、郷愁というかどことなく寂しい気持ちになるのは私だけでしょうか? 相棒のブーツ達もボロボロになったり、爺さんになって私の足腰が弱ったりで、いつかは履け[…]

スポンサーリンク

Redwing 9014 beckman/レッドウィング ベックマン

やっぱり履きなれたブーツは最高…我が家の古参ブーツ、黒ベックマンを履くといつもそう思います。

通勤でもプライベートでも履く二刀流ブーツ。この日は犬の散歩でした。

長い時間をかけてブラッシングしてきたせいか、内からにじみ出るようなツヤが出たフェザーストーンレザー。お気に入りです。

ところで、旧ベックマンといえばソールの加水分解が心配なんですが、私の場合、雨の日だけでなく雨上がりも履かず、シューズボックスの上の方を定位置にしたりと、とにかく湿気から守り続けて7年。今のところ加水分解の予兆もありません。

まぁワークブーツらしいキズもほとんどありませんが、これも個性。このままのペースで経年変化をゆっくり楽しむつもりです。

 

Redwing 8111 ironranger/レッドウィングアイアンレンジ

トゥには小傷が付いたり、深い履き皴が入ったりで、ワークブーツらしい顔を見せるアイアンレンジです。

ゆったりフィットのため靴下も気にしませんし、かなり出番が多いブーツ。シャフトの凸凹もお気に入りです。

穿き込んだジーンズとは最強の組み合わせ。

年々値上げしているとはいえ、4万円台で買えるレッドウィングはありがたい存在。気楽にエイジングを楽しめる庶民の味方です。

 

WHITE’S Boot Bounty hunter / ホワイツ バウンティハンター

ハリのある革質と屈強な縫製が魅力のホワイツ、6インチブーツ。

通勤でもバリバリ履こう…と思っていましたが、袋ベロ仕様は足入れに少々時間がかかりまして…

結局通勤はアイアンレンジを選ぶことが多くなってしまいます。ということで、今月も大きな変化は見当たりませんね。

それでも木の板を履いているようだった履き心地は少しずつ改善。靴らしくなってきました。

このペースでいくと大げさではなく「一生モノ」のブーツとなりそうですね笑

 

Redwing 9875 custom/レッドウィング アイリッシュセッタ- カスタム

犬の散歩のときに履くブーツ、ナンバー1。アイリッシュセッター改です。軽い履き心地、土汚れも気にしない気楽さ。良き相棒です。

左足の革質は素晴らしいんですが、右足がちょっと…

このまま履きまくって左右差が目立たなくなってくれれば嬉しいんですけど。

黒のシューレースも見慣れてきましたが、もう少し冒険したい気分。革紐とも合いそう。…そうなるとますます9874に近づいていきますね笑

 

Redwing 9411 beckman/レッドウィング ベックマン

購入時と比べ、かなり馴染んできました。今ではレギュラーソックスでジャストになった新ベックマン。

旧ベックマンと違った経年変化が見たくて、ガシガシ履くように意識していますが、そういう意味ではまだまだこれからですね。

平紐は履くのに時間がかかって、そろそろ玄関で汗をかくような季節になってきました笑

まだ少し出番がありそうですが、さすがに真夏は靴箱の番人になりそうです。

撮影した時間帯もあるんですが、もう少し赤味が出てほしいところ。顔料多めの後期ベックマンは退色が少ないとも聞きますが…今後に期待です。

 

Redwing 101 postman/レッドウィング ポストマン

春夏のエースも今期初の登板。冬服とはどうも合わせづらく感じていましたが、シンプルな春夏の服装にはバッチリはまります。

カッチリしすぎない雰囲気が大人カジュアルの定番となった原動力でしょう。クレープソールの安定感といい、履き心地も申し分なし。

実は靴紐を交換しました。長さを75㎝から80㎝へ。…拘りの5㎝アップ

真夏は足首を見せて涼しげに履いてやろうと思っています。これからがこの靴の本領発揮の季節ですね。

 

Redwing 8131 Moctoe/レッドウィング モックトゥブーツ カスタム

暫く休養させていた8131。ドクターマーチンを会社の置き靴にしたので、この春から戦列に復帰です。

ササっとブラッシングして久々に足を通しましたが、良い感じです、Dワイズが少し狭く感じますが履いているうちに馴染むでしょう。

春はもちろん、夏も履き続ける予定。もう、高耐久のビブラム700がヘタるぐらい履きまくってやろうかと。

 

まとめ

短靴の出番が徐々に増えるなか、レギュラー組もいつも通り履き続けています。もう少し暑くなってくれば「半袖にブーツ」というお気に入りスタイルでもいけそうですね。

毎年の事ですが、暑い日に無理にブーツを履くことも、逆に夏は絶対ブーツを履かないと決めることもせず、適当に過ごす予定です。

何でもナチュラルが一番。それではまた。

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク