【M.モゥブレィ コードバンクリームレノベーター】加工レザーに使用してみました!

コードバンやガラスレザーなど、普通のクリームでは浸透しないレザーにも効果を発揮するらしい「M.モゥブレィ コードバンクリームレノベーター」。

前回はシャパラルレザーのレッドウィングポストマンに使用してみたんですが、悲惨な結果に・・・

関連記事

春らしい陽気を感じる日が多くなってきました。まだまだブーツを履き続けるつもりではあるものの、短靴も準備しておく季節でもあります。 冬場は足首が寒いので出番が無かったポストマンですが、近々の登板に備えメンテナンスをしました。この靴用に用[…]

ただこのまま捨ててしまうのはあまりにももったいないですし、何か有効に使う手立てはないものかと考えていたんです。

で思いついたのが通勤用でガシガシ履いているコチラのメンテナンス。

「H2VOLT/1200」です。

履き潰すことを前提に、少なく見積もって6年以上ハードに履いていますが、今のところ大きな問題もありません。

適度にメンテも行ってはいるんですが、塗膜が厚いのかクリーム類が浸透する様子はなく、いつも消化不良気味。

コードバンクリームレノベーターならこういった革にも潤いと艶を与えられるかもしれません。俄然やる気になってきましたよ。

 

 

スポンサーリンク

現状の確認とクリーニング

前回のメンテは約1年前だったと思います。ガンガン履いている割にはお手入れ頻度は少ないかもしれません。いくらクリームを塗っても浸透する気配が無いんで、どうしてもその気にならないんですよね。

なのでアッパー全体は渇き気味。白っぽく見えています。

トゥのウェルト部分は削れて地の色が見えていますし、アッパーにも無数の小傷が。

ただざっと見た所、修復不可能な深い傷では無さそう。

いつものステインリムーバーとお湯タオルでの拭きあげでどこまできれいになるか・・・靴紐を外してクリーニング開始です。

おおぅ・・・白さが増しました笑 やっぱり乾燥が目立ちますね。

 

水分+油分。しっかりめに栄養補給

さすがに栄養分を補給してあげないとまずい状態なので、デリケートクリームとレザーコンディショナーを用意しました。

グングン吸っていく・・・いや、いかないんです。

ほとんど吸収されずに表面に溜まっているように見えます。

塗膜が厚いせいか毎回こうなんです。ただ完全に弾いているわけでは無さそうなんで、豚毛ブラシで押し込むようにブラッシング。

とりあえずこれで良しとしましょう。

 

いよいよコードバンクリームレノベーターを!

浸透力の高いデリケートクリームやレザーコンディショナーですら入っていかないこの革に、コードバンクリームレノベーターがどれだけ浸透するのか。不安半分、期待半分といった感じ。

指で取ってみるとかなり粘度が高いクリームである事が分かります。

普通の乳化性クリームと比べ油分を多く含んでいて、それがコードバンやガラスレザーにも浸透する秘訣なのかも。

これを靴全体に塗り広げていきます。私は指で直接塗っていきますが、細かい部分はペネトレィトブラシを使用してもいいでしょう。

塗布直後。かなりマットな状態。

相変わらずクリームの伸びは悪く、あんまり指で擦りすぎるとダマになりそうです。

前回はここからいつものように化繊ブラシで擦ったんですが、箱の説明書きには「馬毛ブラシで全体に広げた後、ウエスで拭きあげる」と記載されています。

なので今回は説明どおり、ブラッシングではなくウエスで磨いていきます。

写真右側のみ磨き終わりました。自然な柔らかい艶でいい感じではないでしょうか。

なるほど。前回はブラッシングだけで艶を出そうとしたのが間違いだったようです。やはり説明書きはしっかり読まないといけませんね~。反省。

ヒール部分も磨き終えた写真右側は黒もキレイに出て、自然なツヤ感。思っていたより全然いいです。

このまま右足もネル生地ウエスで磨いていきます。

ウエスには余分なクリームが拭き取られていきますが、必要な分はちゃんと靴に残っているようで、ツヤが増してくるのが実感できます。

 

メンテ完了!結果は・・・

靴紐を通して完成です。

思っていたよりもツヤが自然で発色も良くなってますし、満足できる仕上がりになりました。

革も少しモッチリしたように思いますが、これはレザーコンディショナーのおかげかもしれません。

細部もみていきます。

トゥのアップ。丁度いいツヤです。小傷のほとんどは消え、削れていたウェルトもしっかり補色されています。

小さいシワが重なって白っぽく見える部分については仕方が無いとして、かなり白かった側面は大きく改善されているように感じます。ウワサどおり、補色力はかなりのものですね。

 

まとめと着画

M.モゥブレィのコードバンクリームレノベーターを使用した今回のエントリー、如何だったでしょうか?

コードバン用のクリームは色々ありますが、ガラスレザーの補色を謳った製品は多くありません。

安価な製品に使用される革は本革であっても、このブーツのようにコーティングなどの加工が施されている可能性は高いと思います。そういった普通のクリームでは浸透しないようなガラスレザー系のものに対してもしっかり効果を感じられるクリームは貴重な存在。

正しい使い方をすればかなり良いクリームだと分かったのは私にとって収穫です。

皆さん説明書きはしっかり読みましょうね笑

最後は着画です。それではまた。

with Fullcount / 1109xx

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク