ジメジメとした6月。電車でもブーツを履いている人はめっきり見かけ無くなりました。

私自身もスニーカーや短靴の出番が増えるように。まぁそれでもブーツラバーらしく月の半分はブーツで過ごしてますけど。

「臭くなりそう…」なんて言われますが全く気にしてませんし、実際のところ完全無臭。グッドイヤーのブーツの方がスニーカーより臭いリスクは確実に小さいんですよ。今年も年中ブーツ作戦遂行中。

前回のエイジングレポートはコチラ↓

関連記事

今年は5月の半ばで「梅雨入り宣言」…ちょっと早すぎやしませんか。 大雨となると履いていくブーツも選びますし、このジメジメとした空気。どう考えても楽しい季節ではありませんよね。 まぁそれでも毎日会社もありますし、外に出るなら好きな靴を履き[…]

雨の日でも履けるお気に入り靴があればこの時期も楽しく過ごせます。

そんなこんなで今月のエイジングレポートです。

スポンサーリンク

Redwing 9875 custom/レッドウィング アイリッシュセッタ- カスタム

色落ちが進んだリーバイスとアイリッシュセッター。大人になってこのカッコよさが分かるようになりました。無地のTシャツと合わせるのが鉄板ですね。

トゥは丸っこくてカジュアルですが、私の会社は服装が自由なため通勤でもガンガン活躍中。

ツヤ感と履きシワのバランスが良い感じになってきました。

細目のジーンズとアイリッシュセッターの相性が抜群だと思ってまして。通勤用ユニクロジーンズはピンロールで絞って履くことも多め。

写真のとおり右足の外側だけシワクチャなんですが、これはこの靴が持つ個性ということで。

British warkers 70’s vintage/ブリティッシュウォーカーズ

所有する唯一のヴィン靴。

自分より年上のレザーなんですが質感は未だモッチモチ。シボ革の頑丈さも手伝ってクラックも無し。まだまだ現役は続きそうです。

アメリカンなロングウィングチップで大好きなレトロ感。装飾が強すぎて真夏には少々暑苦しい見た目かもしれませんが…

コイツは甲が少し低めで靴下を選びます。薄手の靴下だと親指の付け根に水膨れができることもあったり。

春先から夏にかけてが旬な短靴で足首を出して履きたいんですが、そうなると靴下は薄手になって足が大惨事になるという、困ったやつです笑

Redwing 8190 Rounde toe/レッドウィング ラフ&タフ チャコール

この時期に頼りになるやつ、ラフタフ×ワックスのブーツです。雨上がり、水滴だらけの裏庭でも気になりません。

メンテ直後のツヤツヤ感は無くなってきましたが、小雨程度ならまだまだ弾いてくれてます。おかげで雨が降り出しそうな日でもバリバリ通勤で活躍中。

しっとりしなやかでありながら、キズも擦れば無くなりますし名前通りのタフなブーツで普段使いには最高の相棒。無敵感がスゴイ。

Reabok CL Leather Eco /リーボック レザースニーカー

ブーツラバーを自負する私だって夏はもちろんスニーカーも履きます(軟弱ともいいます)

革靴には無いこの色使いがスニーカーらしくて気に入っています。

レザーとはいえエイジングを楽しむような種類ではないので、育てるという感覚は湧きません。

ただ、夏の暑い玄関でブーツの紐を結び直すのは結構汗もかきますし、その点スニーカーはスポッと足入れできるのは正直メチャクチャ楽です笑

ということで真夏はどうしても出番が増えがちになります。

Redwing 9014 beckman/レッドウィング ベックマン

昨年手に入れた9411と違ってモッチリ質感の2015年製ベックマン。

旧型番のためアウトソールの加水分解が怖いので、梅雨時は水分を避けるため極力履かないようにしているんですが…

完全に馴染みきった履き心地とどんな格好にも合わせやすい黒。梅雨の中休みで数日晴れて地面が乾いているときはやっぱり履きたくなります。

内側からにじみ出るような自然なツヤ感…と自負するお気に入りのエイジングです。

まぁこの頃のフェザーストーンレザーの品質のおかげなんでしょうけど笑

Redwing 101 postman/レッドウィング ポストマン

多少の雨なら気にせず履けるポストマン。この時期には頼りになる靴で最近は出番が増えてきました。

おかげでシャパラルレザーらしい派手めの履きシワが目立つように。こうやって見ると、これはこれで独特のアジがありますね。

ジーンズを足首が見えるぐらいロールアップして穿くと意外に黒の短靴は夏服にもバッチリ嵌ります。

この歳になるとスニーカーではカジュアルすぎると感じることもありますが、それもポストマンなら即解決です。

適度なフォーマルさと適度なクッション性。

今が旬な短靴、履きまくります。

Danner field black/ダナーフィールド

梅雨どき最強のパートナーはやっぱりダナー。

この日は雨こそ降ってませんでしたが、前日までの雨でそこら中に水たまりがある状態。そんな日でも犬の散歩で大活躍です。

ちょっと乾いているように見えますね。そろそろお手入れのタイミングでしょうか。

といってもコーティングされたレザーでお手入れで油分が補給されるイメージが湧きません。なのでついついメンテもさぼり気味に・・・

このぐらい汚れているほうがアウトドアブーツっぽいような気もしますが…どうでしょう。

SNSで見た、ワックスまで塗ったフルメンテダナーがかなりいい感じでして、思いっきり光らせるのもアリかなぁという気分になってきています。

 

まとめ

革靴好き、ブーツ好きからすれば一番楽しくないのがこの梅雨の季節ではないでしょうか?

やっぱり雨が降る事が分かっていれば、その日に履いて行く候補の靴は絞られます。ワークブーツなんかはもっと気楽に履けばいいとは思うんですが、お気に入りほど大事にしてしまう性分でして笑

とはいえ雨の日には履かない、シューズボックスに保管している靴もこの季節はカビが気になります

どっちにしても早く梅雨が明けてくれればいいんですが。

最後はカビ予防のモールドクリーナーを塗布して影干し中の愛靴たちをパチリ。それではまた。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク