マスク着用も自己判断となって、いよいよアフターコロナも本格化。季節も良いですし、ブーツを履いてどこかに旅行なんてのもアリかも。

・・・まぁ私、

生粋のインドア派ですけど。

とはいえ我が家には犬もいますし、外出が増えるのは間違いありません。

ますますエイジングが捗る、そんな今月のレポートです。

スポンサーリンク

Redwing 101 postman/レッドウィング ポストマン

春と言えば短靴。短靴といえばポストマン。Redwing好きのド定番です。

今シーズンの短靴初登板は当然この靴で。

あっちこっち痛かったポストマンですが、履き始めて3年を過ぎた今では、すっかり足にも馴染んで頼もしい相棒の風格です。

チラリと靴下が見えるのも短靴の楽しさですね。

改めて感じるのはヒールのないクレープソールの楽さ。

実はソール交換の時はもっとスタイリッシュなソールを、と考えていたんですが、いやぁ、これは方針変更ですね。

・・・スタイリッシュな革靴は別に購入しようっと♪

シャパラルレザーの輝きと深いシワ。

皆様、我が家のポストマンはますますカッコよく育っています!

 

Redwing 8111 ironranger/レッドウィングアイアンレンジ

「ガシガシ履く」担当のアイアンレンジ。

この日は休日。愛犬と近くの公園に散りかけの桜を見に行きました。

何年もかけて少しずつ、少しずつ積み重ねてきたエイジング。

そんな無骨なアンバーハーネスレザーらしい表情に、月日の重みを感じます。

海外勢の「ボロボロと紙一重」みたいなエイジングを目指しているわけではなく、あくまで自然に。

今のところ、期待通りの育ち方に満足しています。

少し緩めのフィット感も履く機会が増える要因かも。

とにかく楽でカッコ良い。アイアンレンジはやっぱり良いです。

 

Redwing 9014 beckman/レッドウィング ベックマン

めっきり登板回数が減った黒ベックマン。

エイジングが感じにくいというか、大きく変化することを期待していないという心理の表れでしょうか。

旧品番のフェザーストーンはツルっとしてモッチリ。

どうしても「このまま美しくいてほしい」と思っちゃいますよね。

今もシューツリーを入れて保管する唯一のRedwing。おかげでシルエットも崩れていませんし、自分の中でも特別なブーツという感覚が残っています。

巷ではブラッククローンダイクを使ったフラットボックスが人気ですが、つま先が潰れるビンテージ風のあれは、かなりの変化球だったはず。

私が愛する「美しいエイジング」には、やっぱり先芯が必要だと思うんだけどなぁ。。。

革も適度にしなやかで、ワイズにも余裕を感じる旧品番ベックマン。

フェザーストーンレザーが生産できない現状、新型の話もあったと思いますが、今のところ続報も入ってきません。

・・・もうブラッククローンダイクで先芯ありベックマンを作ったらいいんじゃね??

 

WHITE’S Boot Bounty hunter / ホワイツ バウンティハンター

カッチカチのインソールにダブルステッチの堅牢性。もはや履き心地を完全無視のタフブーツ、ホワイツです。

アメリカ人の足ってこれに負けない、堅牢な造りになってる可能性は否定できませんが。

通勤でも履くようになって1シーズンが経過。硬いとはいえ、履き続けることで少しはフィットしてきました。

まだまだ綺麗で気恥ずかしい顔をしています。

相変わらず履き心地以外は最高なんですよね。

意外とスマートに見えるシルエットやら、大きくゆったりとした凹凸が出るヴァンプのシワ感も。

さすがは王様。

真夏には履けないゴツさなので、朝晩の気温が低めの今の内がチャンスかなと。

 

Redwing 9411 beckman/レッドウィング ベックマン

通勤といえばこれ、という扱いになってきたベックマン、ブラックチェリー。

早く貫禄のある顔を見たいという気持ちも手伝って、かなり出番が多め。

小雨ぐらいは気にしないワークブーツらしい履き方をしています。

丸紐に交換しているのもあって、履き脱ぎもノーストレス。合わせる服も選びませんし、手を延ばしやすい万能ブーツです。

細かい履きシワがブワーと出て、その周辺が白っぽく感じるエイジング。

正直あんまり今の状態は好みじゃないんですよね。もっとエイジングさせてイメージが変われば良いかなぁ、とこれからの変化に期待しています。

今月はバックショット特集といいうことで。

 

Danner field black/ダナーフィールド

結構雨の日が多い月でした。という事で出番が多かった雨靴、ダナーフィールド。

我が家で一番の丸顔。愛敬のある顔立ちです。

エイジングを感じにくいカラーですが、こうしてみると良い雰囲気に育ってきています。

今月のように履く機会が多い期間もあったり、逆に全く履かないままひと月が過ぎたり・・・と登板頻度もバラバラ。

細かいことは気にせず履いているのがエイジングに現れているような。

スニーカーの延長のような軽い履き心地。

雨の日にテンションが下がらなくなったのはこのブーツのおかげ。足は濡れない、エイジングは楽しめる・・・良き相棒です。

完全に雨の日専用になっていますが、もともとはアウトドアブーツ。

外出する機会が増えるこれからは、ドッグランや山登りにも活躍してもらおうと思っています。

 

まとめ

最近私の会社ではインドへの長期出張の話が盛り上がってきました。どのブーツを履いて行こうかと考える私。

暑いだろうし、6インチがいいかな。路面が悪そうだし、やっぱりアイリッシュセッターかな。いや仮にもビジネスだし…

・・・いや、そもそも英語も話せない私が行くの?笑

とにもかくにも、忙しくなりそうな今年度です。ブログもボチボチ更新できれば。

それではまた。

前回のエイジングレポートはこちら↓

エイジングレポート~2023/03

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!