エイジングレポート~2022/5

日中はめちゃくちゃ暑いのに朝晩は恐ろしく寒い…「寒暖差エグすぎてで耳キーンってなるわ」ってリアルに言ってしまいそうなこの季節。おっさんには少々つらいんです笑

ただ、6時過ぎに家を出て、夜9時に家に帰る平均的社畜の生活では、通勤時のブーツはまだまだ快適。・・・エイジングは順調に進みそうです泣

ようやくG.Wボケも解消されてきた、今月のエイジングレポートです。

前回のエイジングレポートはコチラ↓

関連記事

半袖でも過ごせる陽気かと思いきや、ダウンを着ようかと迷うような寒い朝があったりと、もはや何を着ても不正解な毎日です笑 それでも足元はブーツがメイン。まだまだエイジングの楽しみは続きます。 そんな今月のエイジングレポートで[…]

スポンサーリンク

Redwing 9875 custom/レッドウィング アイリッシュセッタ- カスタム

黒染めした元ゴールドラセット。薄っすら茶色が見える気がするんですが…写真では全く分かりませんね笑

G.W最終日。このアイリッシュセッターを履いて出かけたのは近所のドッグラン。

ハンターブーツが起源ということで、芝生や土の上はまさに本領発揮。軽くて走りやすい、個人的にはスニーカーのような感覚のブーツです。

フラットなソールは土が入り込まないので帰ってからの掃除も楽々。

細身のデニムともカッコよく合わせられる懐の深さがありますが、この日は少々太目のストレートジーンズでクラシックなコーデを選択。

大人のアクティブ休日コーデということで。

 

Jalan Sriwijaya 98490 / ジャランスリワヤ スプリットトゥ

今季初登板のジャランスリワヤの短靴です。

ワークブーツとは一線を画すヌルっとした艶、革の質感。赤味の強いカラーもお気に入りです。

短靴だとロールアップ無しでもしっくりきますね。ツルっとした横顔。エイジングはまだまだ。

カジュアル感が増すロールアップバージョン。靴下を明るい色にすれば夏でもいけそうです。

ビジネスでも兼用できるようにと考えていましたが、相変わらずスーツを着る機会は訪れず。Uチップ系はジーンズにも合わせられるのでオススメです。

 

Redwing 8131 Moctoe/レッドウィング モックトゥブーツ カスタム

久々に一軍復帰した8131で通勤です。ワイズがDとちょっと狭め。その分9875よりかなり小さく感じます。

ソールはレザーのミッドソールにビブラム700茶色へ変更済み。

ドレッシーな雰囲気も出しつつ、実用的で高耐久なラバーソールという私のお気に入りカスタム。

これからガンガン履き込むつもりなんですが、夜になると小指と薬指に痛みが出るんですよね。

まぁ元は中古ブーツということで前オーナーさんの形になっているのかも。履き込んで改善されれば良いんですが…

 

WHITE’S Boot Bounty hunter / ホワイツ バウンティハンター

夏眠前、最後の登板になりそうなホワイツ、バウンティハンターです。

ブーツ自体のボリュームが凄いのでその分ストレートジーンズとの相性は抜群。誇り高きアメカジオヤジ、爆誕

いつかはスモークジャンパーを履いて、革ジャンを着る、そんなゴリゴリの感じも体験したいと思う今日この頃。

それでもセミドレスラストを使ったこのブーツには上品さも感じられますし、このバランスやっぱり好きです。

この日は細めのジーンズと。とにかく柔らかさとは無縁の存在。頑強さが滲み出まくっているワークブーツの王様です。

 

Redwing 101 postman/レッドウィング ポストマン

夏のエース、ポストマンの登板頻度が凄いことになっています笑

くるぶしの下が当たって痛かったのが随分マシになったのもあって、気軽に履けるように。

シャパラルレザーは雨の日も問題ないので通勤靴としても実に優秀。ホント実用性抜群なんですよね。

履き皴も深くなってきましたが、ワークシューズとしてはむしろカッコよくなっているように思います。

ロールアップで靴下コーデも楽しめる、この使い勝手も最高です。

 

Redwing 8111 ironranger/レッドウィングアイアンレンジ

夏でも履いちゃうぞブーツ、レッドウィングのアイアンレンジです。

ガチガチのアメカジにもなりますし、綺麗に合わせてもカッコ良い汎用性の高さも魅力的

まぁもっとエイジングが進めば綺麗目には見えなくなるのでしょうが…

今の状態も経年変化も自然に目一杯楽しもうと思います。

 

Wolverine 1000mile boot/ウルヴァリン1000マイル

今年もあまり出番がないままシーズン終了を迎えそうなウルヴァリン1000マイルブーツ。

「シルクのような履き心地」は確かにそうなんですが、逆に堅牢性に不安を感じるほどの柔らかさ。ホワイツのようなガチ勢とは全く別モノ、もはやワークブーツと言っていいのか…

ただ、足に吸い付く様なアッパーの柔らかさ。控え目なコバとシングルレザーソールのスマートさ。このブーツにはこのブーツの魅力がはっきりと存在します。

私がブーツにはまるきっかけになったウルヴァリン。今でも特別枠のお気に入りです。

 

まとめ

カレンダーは5月から6月へ。いよいよ大嫌いな梅雨がやってきますね。ブーツも半分ぐらいは夏眠となりそうです。

その前に毎年恒例のカビ対策を。M・モウブレイのモールドクリーナーで全靴拭きあげ&日陰干しです。

なかなか壮観な眺め…

それではまた。

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク