これだけ寒い日が続くと出勤するのも億劫になりますね。そんな時こそお気に入りのブーツの出番!足元を見るだけでご機嫌になれるはずです。

冬は好きなブーツを好きなように履いても白い目で見られない貴重な季節。ブーツラバーとしては大事にしたい数か月です。

というわけで、今月のエイジングレポートです。

前回のエイジングレポートはコチラ↓

関連記事

新年あけましておめでとうございます! めちゃくちゃ寒い元旦となりましたが、こんな日こそブーツ日和。人混みにまみれるのにはまだ抵抗がありますが、私は妻と近所の神社へ初詣に行ってまいりました。 今年も楽しいブーツライフとなりますよう[…]

スポンサーリンク

Redwing 8111 ironranger/レッドウィングアイアンレンジ

クリーム仕上げのアイアンレンジ。この季節、多分一番出番が多いブーツです。

購入してずっとハーフサイズ大きいと思っていたんですが、馴染んできたのもあるのか、ブーツソックスを履くとジャストサイズな気がしてきました。

最近はインソールも外して、少し余裕がある気楽なブーツとして付き合っています。

アイアンレンジにこのツヤ感はどうかという声もありながら、私なりに自然に履いたらこうなったという感じ。特に不満もありません。

朝のバタバタした時間にスピードフックの仕様は最強ですね。実は何度も助けられておりまして…

これからもお世話になります笑。

Dr.martens 2976 / ドクターマーチン チェルシーブーツ

妻とおそろいで手に入れたドクターマーチン。めちゃくちゃ履いてます。ということであっという間に履き皴が定着してきました。特に右足。

何となく軟派なイメージがあって敬遠がちだったんですが、とにかく実用的で、「どうしてもっと早く買わなかったのか」と反省するほど良いブーツです。

バウンティングソールの名に恥じない、弾むような軽い履き心地。雨にも負けない頑強なアッパー。スニーカー感覚でガンガン履けます。

まぁ経年変化は淡泊で、成長が楽しみっていう感じはないんですが、柔らかい履き心地でつい手に取ることが多くなっています。

いっそボッロボロになるまで履きまくってやろうかと。

Trickers malton espresso / トリッカーズ モールトン エスプレッソ

正月の妻実家あいさつはトリッカーズで。ここ数年はこのブーツを履いて行くのが恒例になっています。

硬質な美しい艶感は独特で大のお気に入り。「良い靴履いてるなぁ」とお褒めの言葉をいただくまでが正月の挨拶です。

犬も連れて行って、近所の田んぼ道を歩くのも楽しみの一つ。普段は街履きばかりなんですが、この時ばかりはカントリーブーツらしい使い方ですね笑

深い濃茶のなかにほんのり赤味を感じるアッパー。エスプレッソバーニッシュに少し派手めの赤系の靴下が良く合います。

Redwing 9875 custom/レッドウィング アイリッシュセッタ- カスタム

ちょっとコンビニまで。車の洗車、庭掃除など、もうほぼスリッパのような使い方になっている相棒アイリッシュセッター。

…うん。まぁちょっと言い過ぎました。

ただストレスのない履き心地にトラクショントレッドソールの軽さ。犬の散歩の猛ダッシュも余裕です。

左右の革質の差が凄いんですが、それもこのブーツの個性として受け入れています。このままお爺さんになっても履き続けたいですね。

WHITE’S Boot Bounty hunter / ホワイツ バウンティハンター

なかなか履き込みが進まないワークブーツの王様です。袋ベロだったり、シャフトが少々長かったりで、時間に余裕があるとき専用に。

アイアンレンジよりも一回りゴツイ、存在感のあるブーツ。エイジングが進めばもっとカッコよくなることは間違いないでしょう。

アッパーはハリのある革質でやっぱり高級感もあります。こいつを傷だらけにしようっていうんですから…S心に火をつけてくれます。

なかなか変化は現れませんが、この調子でホワイツのエイジングは焦らずゆっくりと楽しむつもりです。

Wolverine 1000mile boot/ウルヴァリン1000マイル

このブーツも久々です。休日専用ウルヴァリン1000マイルブーツ。クロムエクセルのツヤが魅力的な大のお気に入り。

シングルのレザーソールはクラシックな印象。耐久性には少々不安がありますが、その分軽くて返りが良いのが最大のメリットです。

ただ路面が冷え切っているこの時期、シングルレザーは足裏に直接冷たさが伝わるのは気のせいではないはず。

履き始めは少しきつく感じますが、体温でアッパーが柔らかくフィットしていくような感覚。やっぱり履き心地は最高です。

Redwing 9014 beckman/レッドウィング ベックマン

私が所有するブーツでは最古参の一つ、黒ベックマン。この時期はアイアンレンジとの両エース体制で出番多めです。

エイジングが分かりにくい黒ですが、シャフト部分の凸凹だったり、少し緩めに感じる履き心地だったりと、確実に変化は進んでいます。

ところで同サイズの新品番9411も履いているんですが、いつまでたってもこのフィット感にたどり着きません。同じフェザーストーンですが、どうも違いがあるような気がしてなりません。

チラリと赤の靴下を。これも6インチブーツの楽しみです。

いままで靴下にはこだわりが無かったんですが、最近少しずつ興味が湧いてきました。おしゃれソックスは色々ありますからね~。新しい扉が開きそうです。財布の紐も開きそうです笑

まとめ

正月休みも明けて、靴ローテーションもすっかりいつも通りに戻りました。あとはコロナ問題が収束して早く日常が戻ればいいんですが・・・

まだまだ寒い日が続きますが、同時にブーツが活躍する季節もまだまだ続きますね。閉塞感のある昨今ですが、経年変化はそんな日常を豊かにしてくれいています。

それではまた。

関連記事

新年あけましておめでとうございます! めちゃくちゃ寒い元旦となりましたが、こんな日こそブーツ日和。人混みにまみれるのにはまだ抵抗がありますが、私は妻と近所の神社へ初詣に行ってまいりました。 今年も楽しいブーツライフとなりますよう[…]

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク