【Redwing9411】1年ぶりのフルメンテ!

通勤にも履くようになって数か月。絶賛エイジング加速中のベックマン9411です。出番は増えたものの、プレメンテ以降はブラッシングのみで過ごしてきました。

前回クリームを入れたのが約1年前…そろそろ乾燥も気になりますし、ここらでしっかりメンテしたいと思います。

スポンサーリンク

1年間のエイジングを確認しながらのホコリ落とし

ソールの汚れを綺麗に落としたら、恒例のエイジングチェックのお時間。実はこれが結構な楽しみでして。

ヴァンプにも少しずつ凹凸が現れてきました。まぁ通勤用におろしたと言ってもローテーション的に週1回履くかどうか。まだまだエイジング途上ですね。大きな傷も無く順調に育っています。

シャフト部分。くるぶしのラインが薄っすら出てきました。

アッパーに使用されているのは、原皮全体の5パーセントしか取れないというプレミアムな「フェザーストーンレザー」

オイルドレザーとは違い、スムースレザー的なメンテが公式でも推奨されています。なので今回も靴クリーム主体でお手入れするつもり。

靴紐を解いて、シューツリーを入れたら…

馬毛ブラシでホコリを落として準備完了です。

 

クリーニングは大事

まずはクリーニングです。個人的には前回のクリームをしっかり落とすのがメンテナンスで一番大切だと思っています。

いつもの「M・モウブレイ ステインリムーバー」

革に少し染みるぐらいで革内部の汚れを浮かすイメージ、力は入れず拭き取っていきます。

今回はワークブーツということで「お湯濡れ雑巾拭き」も実施。古い油汚れはお湯で落とします。

ふぅ~、すっかり綺麗になりました。

 

栄養補給もしっかりと

どんなブーツでも水分と油分のバランスは大切です。なのでクリームの前には毎回コイツを注入しています。

「M・モウブレイ デリケートクリーム」

変色や型崩れの可能性が低く、ドレスシューズにもワークブーツにも使える、間違いない定番商品です。

指で直接ヌリヌリ。

お湯拭きも行っているのでちょっと多めに塗り込みました。

全体に塗り終わったら豚毛ブラシで・・・

しっかりブラッシングです。指では塗りきれない狭い場所にも届かせるのはもちろんですが、革の内部まで浸透させるのも目的の一つ。汗をかくぐらい強めに擦りました。

 

浸透力抜群のあのクリームで仕上げ!

仕上げの靴クリームは…

「コロニル シュプリームデラックス1909」

プレメンテの時も思ったんですが、フェザーストーンレザーってクリームを吸い込みにくいような気がしています。特に後期モデルはそれが顕著。

という事で、デリケートクリーム並みの浸透力をもつこのクリームを選択しました。

自然な退色を期待して、いまのところカラーレス(無色)を使っています。

指で直接塗り広げていきます。

普段使っているクレムとは違う、化粧品のような良い匂いがするんですよね。これ絶対革に悪いわけないって香りです笑

少し時間をおいてからブラッシングと乾拭きで仕上げました。

しっかりとツヤ感も出て、栄養補給もバッチリ。ワークブーツとしては綺麗すぎるぐらい、全く問題ないレベルです。

…う~ん。いい感じなんですけど、せっかくなので、もう少しケアした実感が欲しいところ。

となれば、ワックスの出番です。準備したのはバーガンディ色の「サフィール ビーズワックス」

かなり柔らかいテクスチャーなので全体に使うことも可能だとか。とはいえ今回はつま先部分にほんの少しだけ。

で靴紐を戻したら・・・

完成です

ロー引き平紐のシューレースを通すと一気に表情が締まります。通勤時の利便性から丸紐への交換も考えていたんですが、このカラーにはこのシューレースが本当によく似合います。もう少しこのままでいようかな。

正直、ワックスは微量過ぎたせいで、効果がよくわからないですね

 

今年もやります。着画タイム!

さぁさぁやってまいりました!誰も望んでなくてもやめませんよー。無駄にハイテンションな着画タァァーイム!…です。

まずは正面から。

新品の時より確実にカッコよくなってきました。

のっぺりした表情だった1年前から、革の凹凸が感じられるワークブーツらしい表情に。とはいえフェザーストーンレザー特有の上品な艶も。ベックマンといえばきれいめワークブーツなこの雰囲気です。

バックショットは綺麗なまま。シャフト部分、くるぶしあたりのシワがもっとハッキリしてくると最高なんですが。

ヒールブロックもようやく角が取れてきたぐらい。まだまだこれからといった感じ。まぁ伸びしろですね

トゥの輝きとヴァンプの凹凸。こうやってみるとワックスも効いているのかも。

最初に「ブーツが欲しい!」と思わせてくれたのはこのベックマンでした。天邪鬼な私がこのブーツを手に入れるまでは紆余曲折あったんですが、ベックマンを履くとあの頃の初期衝動を思い起こさせてくれます。

やっぱりカッコいいブーツ。レッドウィングが生んだ傑作ブーツといっても過言ではないはず。

 

まとめ

レッドウィングといえばベックマン…当時そんな存在になるとさえ思っていたブーツ。つくづく終売は残念です。

せっかく手に入れたベックマンですから、これからじっくりとエイジングを楽しみたいと思います。

来年の秋冬新作で後継品番が出るような噂もありますが、さてどうでしょうか?それではまた。

with A.P.C. / Petit new standard

関連記事

満を持して今年の秋に購入したベックマン9411。 [sitecard subtitle=関連記事 url= https://ramshiruba.com/redwing-9411-beckman/ ‎] 早々にプレメンテを済ませ[…]

関連記事

き、き、来ました! 我が家で5足目となるレッドウィング。先日開催されたamazonプライムデーの戦利品です。 今年に入って購入した靴はAldenの2足。自分の中では日常的に履く靴ではなく、どちらかというとキレイに履いてい[…]

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク