【ブーツの季節!】エイジングレポート~2021/11

街でもチラホラブーツ姿の方を見かけるようになってきました。本格的にブーツの季節が到来。ブーツラバーの皆様、出番です!

カッコいいブーツを履いている人とすれ違うと、目で追ってしまうのは私だけではないはず…笑

自分の足元を見るのも勿論テンションが上がるんですが、ほかの方のブーツでもワクワクする私のような人間のためにも、できるだけブーツで出かけていただければ幸いです笑

それでは今月のエイジングレポートです。

前回のエイジングレポートはコチラ↓

関連記事

秋は寒暖差の大きさはあるものの、ブーツが履きたくなる素晴らしい季節。今年はアッという間に寒くなって冬が近づいてきた感すらありますが・・・。年々春と秋が短くなっているような気がしますね。 さて秋冬仕様のブーツも少しずつ出番が増えてきて、[…]

スポンサーリンク

Wolverine 1000mile boot/ウルヴァリン1000マイル

お気に入り過ぎてなかなか出番が回ってこない不遇の1000マイルブーツ。今シーズンの初登板です。

相変わらず吸い付く様な履き心地。私の足にはジャストサイズ中のジャストサイズ。

1日の履き始めはアッパーが少々硬いように感じることもありますが、数十分履いて温まってくるとアッパーが柔らかくなって、ピッタリと足に寄り添うようにフィットします。この感じ、やっぱり良いなぁ。

当時はベックマンとよく比べられていましたが、シングルのレザーソールという事もあって、こちらの方がキリっとして見えますね。

堅牢性はベックマンでしょうが、このブーツがもつスマートな雰囲気、何年たっても大好きです。

 

Danner field black/ダナーフィールド

いつだって過酷な環境で活躍してくれるダナーフィールド。この日は泥だらけになりそうなドッグランへの相棒として出動です。

我が家では新参者の扱いなんですが、出番が多いこともあってしっかりエイジングが進んできました。

ヒール部分のDanner表記。…ちょっとカッコよくないですか。

少しだけ余裕のあるサイズを選んだこともあって、ストレスを感じないゆったりした履き心地。羽根がどんどん閉じるようになってきましたが…さてどうなるでしょう。

ちなみにこの後は砂を落とすために軽く水洗いしました。完全防水ブーツのありがたさ。

 

Paraboot neuilly caffe/ パラブーツ ヌイイ

こちらも今シーズン初登場のパラブーツヌイイ。上品なストレートチップを配したドレッシーさ。上から見ればよくわかりますが、ワークブーツとは一線を画すスマートなシルエットです。

ノルウェージャン・ウェルテッド製法らしく、正面から見ると生成りで太目のステッチが目に入ります。これが完全なドレスブーツとは違うカジュアルな印象をプラスしてくれているようです。

ハイトも高めで厚めのラバーソール、アッパーのリスレザーも雰囲気はちょっとカジュアル。私の理想である「ワークとドレスの中間」に最も近いお気に入りブーツです。

お気に入り過ぎて年に1~2回の出番しかないのは反省しています笑

今年は意識的に登板数を増やす予定です。エイジングが進んだ姿も見てみたいですし!

 

Redwing 9411 beckman/レッドウィング ベックマン

履き込み強化中のベックマン、ブラックチェリーです。この日は妻と久々に都会に買い物へ。

顔料の塗膜が厚いのか、ツルっとした質感でエイジングはこれからといった印象。ワークブーツらしいエイジングを期待して履きまくろうと思っています。

妻に撮ってもらったお気に入りの1枚。都会は人通りが多いです。誰かが通るたびに恥ずかしい気持ちに耐えるのみ。まぁ近所の人に見られるよりはマシかな笑

ロー引きの平紐は履き脱ぎが弱点。一度履くと出来るだけ脱ぎたくないブーツです笑

 

Redwing 9014 beckman/レッドウィング ベックマン

先ほどのブラックチェリーより5年以上先輩の9014。思い出込みで、かなり大切に扱ってきました。おかげで今でもツヤッツヤのモチモチ。

それでも長い期間を経て完全に馴染んだ最高の履き心地。最近は通勤でもチョコチョコ履き始めて、出番が増えてきました。これからエイジングが加速しそうです。

コバの茶色と合わせて、靴紐はアイアンレンジャーと同じタスランシューレースに交換済み。このプチカスタムもお気に入りです。

 

Redwing 8111 ironranger/レッドウィングアイアンレンジ

通勤でもレギュラーポジションを確保したアイアンレンジ。最近は気を遣わずに履けるようになりました。

油分をたっぷり含んだアンバーハーネスレザー。エイジングも表に出やすいとされていますが、メンテ好きの私のアイアンレンジはまだまだですね。

ベックマンと同じ木型が採用されていますが、見た目もゴツいですし、まさにワークブーツといったキャラクターです。

少し裾幅のあるジーンズにもハマる使い勝手の良さ。ハトメやフックの色がシルバーなのもラギッドなイメージに繫がっているようです。

時間の無い平日の朝、上段のフックは履き脱ぎの強い味方。これからもよろしく!

 

まとめ

ブーツラバーにとって、やっぱりこの季節は最高ですよね。まだ寒さも厳しくないので上着もダウン一択になっていません。

「マウンテンパーカーならアクティブなアイリッシュセッターを…」

「今日のレザージャケットなら同色の黒ベックマンで!」

などなど楽しくその日のブーツを選んでいます。とはいえ、私の小遣いはブーツとジーンズに全振りしてますので上着は寂しいもんですが笑

それではまた。

with / fullcount 1109XX

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク