クロムエクセルの魅力 Wolverine 1000mileboot のススメ!!

鋼のように頑強なソールとアッパー。シルクのような柔らかな履き心地。

1000マイル歩いても壊れない。疲れない。

出典:wolverine.com

 

このコピーに心踊らない男はいないでしょう。私の大好きなブーツです。

wolverine社は1883年創業の老舗。1910年代に発表したこの1000mile bootはブランドのアイコンとして100年以上たった今も世界中で愛されています。

6年ほど履いている私物の変化を中心にWolverine 1000mile bootをレビューします。

 

スポンサーリンク

1000マイルブーツの経年変化

まずは現在の私物写真です。

ヴァンプに寄った皺の波がお気に入りです。色も濃淡が出てきています。

が、まだまだキレイなもんです。

実は、お気に入りすぎて20回くらいしか履いて出てません笑

距離にして20マイルくらいですかね。まだあと980マイル。安心ですね?

あれ?

縫製ほつれとるがな!

 

クロムエクセルレザーの革質

アッパーにはHorween社のクロムエクセルレザーが使用されています。

Horween社は1905年創業の老舗タンナーです。同社の製品群で、馬革を使用した「シェルコードバン」と並ぶ代表作である「クロムエクセルレザー」。

100年前には確立されたとされる手法で、ステアハイドの原皮をコンビなめしという方法でさまざまな油脂を浸透させた、美しく、耐久性のあるオイルドレザーの一種です。

かなりオイリーな革ですが磨けば重厚感のある独特な光沢がでます。

小傷なんかはブラッシングで結構キレイになりますし、経年変化にも定評がありますね。

プルアップレザーともいわれるオイル分を多く含んだ革ですので

シワや圧力がかかる部分に色の濃淡がついて、それが味になっていきます。

 

1000マイルブーツのソールについて

当然グッドイヤーウェルト製法です。

ソールはシングルレザー、ヒールはビブラムのラバー。

クラシックドレスな印象があります。

私は履き下ろしの際にラバーを半張りしましたが、この辺りは好みかなと。

ヒールにはレザーが1段積み上げられています。

バックショットで見ると良く分かります。

こういったディティールがドレス感を醸し出すのににつながっているんでしょうね。

その他のディティール

内部は内張りが無く一枚の革で仕立てられています。

ハトメ上部の3箇所はフックになっており楽に着脱できます。

印字された『Horween』の文字。テンション上がります笑

靴紐はもとの平紐から紗乃織靴紐の平紐へ交換しています。

関連記事

革の種類やカラー。使用されるラストのシルエット。アウトソールの素材、形…靴の印象は様々な要素の組み合わせで大きく変わってきます。 「履き心地は良いけどもう少しドレッシーな方が好み…」とか、逆に「カッコイイんだけどフォーマル過ぎて合わせ[…]

 

 

ウルヴァリン1000マイルのサイズ感

私の足は実測で

足長:257mm 足囲:253mm 足幅106mm

こちらのブーツはUS7.5/Dでジャストです。

今は靴下が薄い場合は、薄めのインソールを使用しております。

アッパーは足なじみが良く、履き下ろしからどこにも痛みは感じませんでした。

シルクのような履き心地…なるほど、そういっても良いかもしれません。

 

ただ、鋼のような堅牢さ…これはちょっと。

実際、20マイル程度の使用で縫製のほつれは数箇所ありますし。

そもそもシングルのレザーソールを採用している時点で

頑強さは期待し過ぎてはいけないような気がします。

 

まとめ

と、弱点も多少ありますが、それも含めて魅力十分なブーツ。

迫力のある経年変化、ドレスにもワークにもはまるビジュアル…

この先も長く付き合っていきたいと思っています!

 

最後に着画を・・・それではまた!


[ウルヴァリン] 1000マイル ブーツ ブーツ 1000 MILE BOOT Dワイズ W05299 ラスト ワークブーツ 27.0cm [並行輸入品]


【7月25日 0:00〜23:59 エントリーでポイント5倍】【赤字覚悟】ウルヴァリン 1000マイルブーツ ラスト WOLVERINE 1000MILE BOOTS W05299 RUST ワークブーツ

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク