ワークブーツの代名詞「レッドウィング」。自分の中では今も昔も変わりません。ブーツが好きなら誰でも一度は通るブランドではないでしょうか?

もちろん私も大好きでして、現在4足のレッドウィングを所有しています。

レッドウィング一筋、更にヴィンテージへと深化していく方もいれば、そこからホワイツやWESCOなど他の上質なワークブーツメーカーへ移っていく方がいたり。

私の場合は年齢とともにトリッカーズやパラブーツ、そしてオールデンへと少しずつドレッシーなブーツへと興味が拡がってきました。私のような方も結構いるんじゃないでしょうか?

今回は私の大好きなこの2つのブランドをサイズ感や見た目を中心に比較していこうと思います。これからオールデンデビューを考えている方の参考になれば・・・

 

 

スポンサーリンク

ブーツ同士で比較!「ベックマン」と「ジャンパーブーツ」

まずはレッドウィングの中でも比較的ドレス寄りとされるベックマンと、オールデンジャンパーブーツを比べてみます。

ベックマンは数あるレッドウィングブーツ群でもかなりメジャーな存在。それぞれの詳細はこちら

給付金10万円の使い道はもう決めましたか?タブレットやパソコンの新調とか、美味しいものを食べに行くのもアリですし、家族の多い方なら旅行に行くのもいい選択でしょうね。 私ですか?…もちろん購入しました。 はい。またまたブーツです。[…]

ワークブーツファンのみならず、世界中のアメカジファンを魅了するRedwing。 その中で群を抜いてドレス色が強いブーツがベックマンです。 名前の由来は創業者チャールズ・ベックマン。その名前を冠したベックマンブーツは今ではRedw[…]

 

シルエットとディティール

写真左がベックマン9014、サイズは7.5/D。右がジャンパーブーツ7/Dです。

Aldenとredwingを比べてみました!

真上から撮影してみました。

ハーフサイズ違いますが、アウトソールの全長はほぼ同じ。ただシルエットはジャンパーブーツ/バリーラストの方がぼってりした印象。レッドウィング#8ラストのベックマンがスタイリッシュに見えます。

ツヤ感には圧倒的な違いがありますね。まぁコードバン特有のこのツヤの為に倍以上のお金を払ってますから笑。

Aldenとredwingを比べてみました!

正面から。

まずトゥと甲の高さに違いが見られますね。ベックマンの方が丸く、よりカジュアルな印象。また似たようなラグ型のソールもオールデンは目立たせないよう工夫され、ドレッシーな印象になってます。

Aldenとredwingを比べてみました!

バックショット。

ヒール部分は270度ウェルト採用のベックマンのほうがややスマート。さらにベックマンのバックステイは2重ステッチ。堅牢性もうかがえます。

 

サイズ感と履き心地

履いた感じはハーフサイズ大きいベックマンのほうが当然ゆったりしていますが、レングスやワイズに関してはハーフサイズほどの差は感じられません。ただ甲の高さはベックマンの方がかなり深いですね。

私の場合ジャンパーブーツはレギュラーソックスでジャストなのに対し、ベックマンはインソールを足してジャストです。

Aldenとredwingを比べてみました!

redwing 9014 beckman 

実際に履いてみると、ベックマンのトゥの丸みが分かりやすいですね。シューレースを丸紐に交換しているのもあって、ワークブーツらしい顔です。

Aldenとredwingを比べてみました!

alden D8826HC  jumperboots

一方、オールデンのジャンパーブーツはツヤツヤのコードバンに低めのトゥ。ベックマンに比べると、よりドレッシーに感じます。

 全体的に見て感じるのは

「ワークブーツの延長線上にあるベックマン」と「ドレスシューズの範疇にあるジャンパーブーツ」

といったところでしょうか。

 

短靴で比較!「PTB」と「ポストマン」

次は同じ短靴のオールデンPTBとレッドウィングポストマンを比べていきます。

それぞれの詳細はこちらから

アメリカントラッドの最高峰、Alden。靴に興味を持ち始めた頃からの憧れでした。それから数年が経って、更に大人になった私が購入したのが、こちらの「Alden 53202 Plain Toe Bluccher」。ジーンズに合わせるつもりで選ん[…]

1950年代から定番商品として作られ続け、米国郵便局の指定靴に採用されるなど、幅広く支持された名品です。 2000年代に一度は廃盤になりながら、多くの要望を受け復活を果たした、レッドウィング・ポストマン。 その魅力とディティール[…]

 

ディティールを置いた状態で比較

まずは真上から。

サイズはPTBが7/D、ポストマンが8/Dとワンサイズの違いが有りますが、こちらもアウトソール全長はほぼ同じ。

Aldenとredwingを比べてみました!

シルエットはモデファイドラストのPTBのほうが絞り込みがやや強めで、ドレス感があります。

加えてポストマンには緑文字のタグも付いていて、より一層カジュアルに感じます。

Aldenとredwingを比べてみました!

正面から見るとまずソールの違いに目がいきますね。ブラック・クッション・クレープのポストマンは、シングルレザーのPTBと比べると倍ほどの厚みがあります。

Aldenとredwingを比べてみました!

バックショットでは、ヒールにレザーの積み上げがあるPTBはドレッシーな印象。

PTB270度ウェルト、ポストマンは360度ウェルトなのもあって、ボリュームが違ってきますね。ポストマンはやはりカジュアルに映ります。

 

サイズ感とシルエットなど、履いた状態で比較

実際に履いてみました。

Aldenとredwingを比べてみました!

 Redwing 101 postman

真上から見ると結構シュッとしています。細めの丸紐に交換している事も影響しているでしょうね。

表面を加工したレザーですので光沢も十分です。コードバンと比較しても遜色無いほど。

ただガラスレザー系の革は、シワが汚くなりがちなのは仕方ないところ。

そのまま履くと、履き口がくるぶしに当たるのでインソールを入れています。

Aldenとredwingを比べてみました!

 Alden 53202 PTB

 ポストマンに比べるとラウンドトゥが少し緩やかなカーブですね。これは以外でした。

少しマニアックですが、羽根の閉じ具合が自分の中ではベストです。ジャストサイズと言っていいと思います。

 ポストマンにはインソールを入れているのもありますが、オールデンPTB/モデファイドはワンサイズ下で同じようなサイズ感ですね。

 

まとめ

オールデンの木型「モデファイド」と「バリー」については、他メーカーのハーフサイズ下が基本だと考えて良いと思います。

ただ足型は千差万別。あくまでも「私の場合は」という事になります。

是非ご試着の際には普段のUSサイズから「ハーフサイズ下」も試していただきたいですね。極上のフィット感を得られるかも笑

本来、比べるようなポジションでない2つのブランドですが、並べてみると色々と発見があって、楽しい時間でした。

結局、ハードに履くならレッドウィング。キレイめに履くならオールデン。という至極当たり前の結論に落ち着きました笑

言わずもがな、どちらも最高のブーツですそれではまた。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク